1. 粘着フィルム・コーティング技術の日榮新化株式会社
  2. 日榮新化の技術
  3. 資源循環プロジェクト

資源循環プロジェクト

ラベル台紙の水平リサイクル




資源循環プロジェクトとは?



シールやラベルに必要な剥離紙は、
ラベルの粘着剤とくっつかないように特殊なコーティングを施す為、
リサイクルが難しく通常 廃棄されています。
この剥離紙をリサイクル可能な資源(=剥離フィルム)へ置き換えようというのが資源循環プロジェクトです。


画像

 

月に1.16億㎡の廃棄物「剥離紙」

「剝離紙」とは

「剥離紙」とは、ラベルが様々な製品に貼られる直前まで使用されている、ラベル台紙のこと。ラベルを製造・使用するに当たり必要不可欠な台紙「剥離紙」は、その必要性とは裏腹にリサイクルができず、消費者に見えない廃棄物として毎日大量に生まれ燃焼廃棄され続けてきました。
その量は、国内の製造業全体で、月間1.16億㎡に上り、年間数量は日本列島の面積の3倍以上となります。
 SDGsやサーキュラーエコノミーへの流れが世界的に加速する中、「剥離紙の廃棄量を減らしたい」「剥離紙をリサイクルしたい」というラベルユーザーの声が非常に高まっています。



※ラベル新聞社発行「日本のラベル市場2021」から算出
なぜ剥離紙はリサイクルできないの?
「剥離紙」は紙の表面にシリコーンやポリエチレンといった樹脂がコーティングされている性質上、紙と樹脂が分離できずリサイクルが困難です。
その為、「やむを得ないごみ」として、燃焼廃棄されています。


※固形燃料を含む


剝離紙はリサイクルが難しい
ラベルは無くてはならない大切なもの
スーパーやドラッグストアで、ラベルやパッケージを見て商品を選ぶことが多いように、ラベルは私たちに商品の魅力を伝えてくれます。また、飲食料品や日用品のみならず、電化製品や工業製品、電車やバスのドアなどで事故を未然に防ぐため、注意喚起をする役割も担っています。商品の安心・安全、魅力を伝えるラベルは、私達にとって無くてはならない大切なものです。 「ラベルを使う、だからこそ。」材料メーカー、印刷会社、ユーザーなど、サプライチェーンに関わる全ての企業が一緒になって、持続可能な循環型のリサイクルスキームを確立し、広げ、共に支え合う必要があります ラベルは私達に必要



日本の在り姿「循環型経済(サーキュラーエコノミー)」

サーキュラーエコノミー(Circular Economy)とは、これまでの経済活動のなかで廃棄されていた製品や原材料などを「資源」として循環させ、廃棄物を発生させないという考えを軸にした経済システムです。
3Rとサーキュラーエコノミー

「3R」と「サーキュラーエコノミー」の違い」

3Rでは出来るだけ廃棄物を出さないようにする事や、再活用をおこないますが、少なからず廃棄物が出る事を前提にしています。サーキュラーエコノミーは、「廃棄物自体を発生させない」という考えが軸になっていることから、環境省の指針においても、最も環境価値が高い取り組みとされ、今後の日本経済が目指すべき姿と位置づけられています。

官民連携による推進

J4CE(循環経済パートナーシップ)
国内の企業を含めた幅広い関係者の循環経済へのさらなる理解醸成と取組みの促進を目指して、官民連携を強化することを目的としたパートナーシップです。これにより、企業と政府、大学など、垣根を超えた協力関係を築いていくことが可能です。資源循環プロジェクトも発表・議論されています。
プラスチック資源循環促進法
プラスチックごみを単に「減らす」のではなく、「捨てることを前提としない経済活動をおこなう」目的を掲げた法案です。2022年4月1日に施工され、これから賛同する企業の取り組みが一層本格化します。本プロジェクトにおいても、2022年4月より使用済みラベル台紙の改修業務を開始しました。



ラベル台紙をリサイクル専用品に置き換える「資源循環プロジェクト」

「剥離紙」をエコな素材で設計された「専用剥離フィルム」に置き換えることで、使用済みラベル台紙をユーザーから回収し、リサイクルすることが可能になりました。リサイクルした材料は、再び専用剥離フィルムの原料に使用され、ゴミを生まず、資源が循環する仕組みが整っています。

ラベルが生まれる仕組み


ラベル台紙は「PET合成紙」を使用した「専用剥離フィルム」に生まれ変わりました。ラベルユーザー様で発生する専用剥離フィルムを資源として購入し、再び剥離フィルムの原料にすることで循環型水平リサイクルのスキームを確立します。
剝離フィルムの一例

POINT




ラベル台紙の循環型水平リサイクルにご参画

動脈産業と静脈産業の機能を確立する事で、循環型水平リサイクルスキームを実現しています。
資源循環プロジェクト回収スキーム

資源循環プロジェクト 回収ボックス

専用剥離フィルムで設計する様々なメリット

1 クリーンルーム
剥離紙を剥離フィルムに置き換える事で、最高クラス1000のクリーンルームで加工する事が可能になります。医薬品や食品、工業用途など、特に異物管理が厳しい用途にも最適です。
2 意匠性向上
 専用剥離フィルムは、剥離紙に比べ大幅に表面の平滑性が向上します。その影響で、粘着層も平滑になり、結果として印刷面まで大変綺麗な仕上がりになります。
 コンパクト化
専用剥離フィルムは、剥離紙より厚みが薄く、同等以上の強度を発揮します。そのため、同じ巻径で多くのラベルを巻き取ることができ、お客様の生産効率向上に寄与します。
4 反り軽減
 剥離フィルムは剥離紙のように水分を吸収しません。そのため、吸湿・放湿によるカールを大幅に低減します。
 

お問い合わせ先


「資源循環プロジェクト」の各種お問い合わせはこちら