日榮新化株式会社粘着フィルム・コーティング技術の総合メーカー 日榮新化株式会社

NEION Blog

Blog

  1. HOME
  2. NEION Blog
  3. 新発売 性能テスト
  4. 「M-200」透湿性とスキンテア対策に着目した肌用粘着剤

「M-200」透湿性とスキンテア対策に着目した肌用粘着剤

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「M-200」透湿性とスキンテア対策に着目した肌用粘着剤

 肌用粘着剤「M-200」は、日栄化工で保有する肌用粘着剤の中でも非常に透湿性に優れたアクリル系肌用粘着剤です。一般的に肌用粘着剤に要求される特性として、「高透湿」と「スキンテア対策」の2点が挙げられます。

(1)高透湿

 肌に絆創膏や湿布を貼った後に、時間とともに剥がれてしまうことがあります。それは代謝や発汗などでテープと皮膚の間に水分や気泡が発生し、皮膚との密着が悪くなることで剥がれが発生します。その為、水分、気泡を透過させる高透湿性が求められます。

76-02.png

 一般的なアクリル系粘着剤(厚み25μm)の透湿度は、1000(g/m2・24hr)前後に対して、肌用粘着剤「M-200」(厚み25μm)は、1859(g/m2・24hr)と透湿性が高いことがわかります。

(2)スキンテア対策

 スキンテアとは、摩擦やずれによって皮膚が裂けたり、剥がれたりする皮膚の損傷のことを言います。スキンテアの要因として、最も多いのがテープ剥離時の損傷です。肌用粘着剤「M-200」は、スキンテア対策を考慮した製品設計となっております。

 肌用粘着剤「M-200」に御関心がございましたら、ぜひお問い合わせください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加