日榮新化株式会社粘着フィルム・コーティング技術の総合メーカー 日榮新化株式会社

  1. 粘着フィルム・コーティング技術の日榮新化株式会社
  2. よくあるご質問
  3. 『粘着剤の種類』はどんなものがありますか?

『粘着剤の種類』はどんなものがありますか?

Q
『粘着剤の種類』はどんなものがありますか?
A

ラベル素材や両面テープに使用されている主な粘着剤には、アクリル系粘着剤、シリコーン粘着剤、ウレタン粘着剤、ゴム系粘着剤の4種類がございます。

アクリル系粘着剤とは

アクリル系粘着剤は、アクリルポリマーからなる粘着剤です。弱粘着タイプから強粘着タイプまで設計が可能で、材料設計の自由度が高いのが特徴です。透明性にも優れ、耐候性・耐熱性も備えています。

再剥離性が必要な加工工程用フィルムから、強い粘着力が求められる電子部品貼り合わせ用テープなど、幅広い物性調整が可能であり、様々な用途で使用されています。また、一部の粘着剤では、環境に配慮されたバイオマスマーク取得の粘着剤もございます。


シリコーン粘着剤とは

シリコーン粘着剤は、シロキサン結合を主骨格にもつポリマーからなる粘着剤です。シリコーンゴムやフッ素樹脂にも粘着し、使用可能温度の範囲が広く、耐薬品性、耐水性に優れています。

また、シリコーン微粘着タイプは貼り作業時の空気(エア)抜け性に大変優れており、平滑な面に対し、気泡が入ることなく貼り付けすることが可能です。液晶画面保護用フィルムなどに使用されています。耐寒性、耐熱性に優れ、使用環境の温度領域が広いのが特徴です。


ウレタン粘着剤とは

ウレタン粘着剤は、イソシアネート基とヒドロキシ基をもつ化合物同士を縮合し得られるポリウレタンからなる粘着剤です。貼り作業時の空気(エア)抜け性に優れ、糊残りすることなく剥がせる再剥離性に優れているのが特徴です。

ウレタン粘着剤はシリコーン粘着剤に比べて、コストメリットがあり、シリコーン粘着剤で懸念されるシロキサンによる影響がありません。短期で使用するPOPラベルや、保護フィルムなどに使用されています。低臭気、皮膚刺激性も低い粘着剤です。


ゴム系粘着剤とは

幅広い被着体に対して粘着性、接着性が良好です。ただし、耐候性や耐熱性は他の粘着剤に比べると劣るため、使用用途としては限られます。包装用の粘着テープによく使われています。

 

用途にあった粘着剤選びにお困りでしたら、是非当社にご相談ください。

日榮新化株式会社は、粘着フィルム及びコーティングフィルムの総合メーカーとして、あらゆる粘着剤の取扱と知識・経験がございます。

毎年1,200件もの試作をおこない、お客様のご要望に応え続ける当社が、ご希望の条件に合う粘着剤選びをお手伝い致します。