日榮新化株式会社粘着フィルム・コーティング技術の総合メーカー 日榮新化株式会社

  1. 粘着フィルム・コーティング技術の日榮新化株式会社
  2. 事例紹介
  3. サイン・ディスプレイ施工会社様の事例

サイン・ディスプレイ施工会社様の事例

Wall Material

現場施工において、大型広告ステッカーをキレイに素早く!

大型商業施設や駅ターミナル構内、空港等での大型広告ステッカーや案内ステッカー、サインメディアの施工をするサイン・ディスプレイ施工会社様の事例をご紹介します。大型ステッカー貼付の施工性を向上するマトリクスシリーズの活用例をご覧ください。




業種 サイン・ディスプレイ施工会社様
採用製品


お悩み
  • 大型ステッカー貼付作業時に気泡が入ってしまう
製品導入後
  • ステッカーと被着体の間の空気膨れがなくった
  • 施工後の見栄えがよくなった

貼付作業時に気泡が入ってしまっていた

サイン・ディスプレイ施工会社のA社様は、大型ステッカーの貼付作業時にステッカーと壁や看板の間に気泡が入ってしまい、印刷物の見栄えが悪くなってしまうという課題を抱えていました。
ステッカーはサイズが大きくなるつれ、エア噛みや空気膨れのリスクが高くなるものです。同社は、このような課題を長年感じていたそうです。



日榮新化の粘着製品で施工性も見栄えも改善

このような課題を解決するため、エア抜け性を持つ粘着製品で多くの実績がある日榮新化にご相談をいただきました。

当社からは、粘着面に特殊加工を施したMATRIX(マトリクス)シリーズをご提案しました。粘着面に特殊な凹凸加工が施されたマトリクス粘着シートは、粘着の凹み部分から空気が抜けるため、空気膨れを粘着シートの外に簡単に押し出すことができます。エア噛みを防ぎ、施工性も見栄えも改善できることがポイントとなり、採用に至りました。


今後も各種ラベルに展開していきたい

導入後、お客様からは「施工作業時間を短縮できた」「エア噛みや空気膨れによって印刷の見栄えが悪くなる問題解決ができた」と高い評価をいただいています。

また、このマトリクスの技術はPET、PP、塩ビなど、基材を選ばずさまざまな材料に展開できます。お客様からは「今後は大型看板等の広告商材はもちろん、各種ラベル等、さまざまな分野に展開していきたい」とさらなる応用へ向けた期待の声をいただいています。

※マトリクスシリーズ関連動画